デメリットをプラスへ変換

高卒でのエンジニアへの就職は現場に出るのが、大学卒業者等に比べて早いために現場で実践的な技術を学びやすいというメリットがある。同じ業種の仕事であっても会社ごとにやり方が違う場合が多いため、その会社のやり方に早くなじむことが出来るという事がメリットになりうるのだ。
しかし、長い目で見るとデメリットも存在する。会社内での昇進などはやはり大卒者と開きがあることが多いといわれている。はじめからスタートラインが違う事もあるし、同じ仕事をしていても昇進スピードが違うことにあとあと苦しむことになる。当然生涯収入も大きな開きが出てくることになるのだ。

また、早い段階で特定の会社のやり方に染まってしまうことが転職などの際にマイナスに働くこともある。一般的なことを知らないままその会社の技術だけを身に付けていると、倒産などで思わぬ解雇があると対応しづらくなるのだ。高卒でエンジニア 就職をしたらそういったことを考えたうえで将来設計をしていくことが大切である。

まずは一般的な知識を得るために、自分のやっている業務に関する資格取得などを行っていこう。それにより自分の会社だけではなく他の会社でも客観的にスキルを示すことが出来るようになる。
さらに、目の前の仕事だけではなく工程全体を考えていく視点も必要だ。会社全体の流れを把握しておくことで、どのような仕事にも対応しやすくなり会社にとってより必要とされる人材になることが出来るからだ。このようにデメリットをプラスに変える努力をしていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です